気になるアパート経営★どのくらい利益が出るの?

アパート経営のための物権の利回りには想定利回りや実質利回りがありますから、違いを把握しておく必要があります。

Sites

アパート経営の想定利回りと実質利回り

アパート経営をするときには物件の利回りを考えなければなりません。物件を探していれば、利回り何パーセントというように表示されている事が多いでしょう。人によっては、利回りは10パーセントは必要だと考える事もありますし、あるいは20パーセントは必要だという事もあるでしょう。10パーセントと20パーセントでは大きな違いがありますが、これはどちらの表現も正しいと考えられます。というのも、利回りという言葉には色々な意味があるからです。物件情報などに記載されている利回りの中でも、想定利回りというものがあります。想定利回りとは、満室を想定した時の賃料収入と物件価格とをもとに計算します。この時に注意しておかなければならない事は、物件の維持管理のための費用などは計上されていないということです。また、満室を想定していますが、常に満室になるとは限りません。ですから、想定利回りというのは、すべてを上手く経営した時の上限の利回りであると考えておくのが良いでしょう。
これに対して実質利回りとは、賃料収入から諸経費などを差し引いて計算したり周りになります。アパート経営をするためには、共用部分の維持管理に費用がかかります。共有部分に電灯をつけるのなら、その電気代も必要となってきますし、修繕をするための費用も必要になってくるでしょう。これらの費用は、常に発生するものですから、賃料収入から差し引いておく事が必要となってくるのです。これらを考えたのが実質利回りであると言えるでしょう。ですから、想定利回りに比べると、実質利回りのほうが実際の利回りに近いと考えられます。ですから、物件の情報を見るときには、利回りとして表示されている数字がどの意味で使われているのかという事を把握しておかなければなりません。想定利回りと実質利回りとでは、非常に大きな違いがあると言えるでしょう。これを間違えて把握していると、物権の価値を過大評価してしまう事もあると思います。正しく情報を集めるためには、利回りという言葉がどの意味で使われているのかを知っておく必要があるのです。
人気のアパート経営についての話はユーザーが多いこのサイトがおすすめですよ
関東エリアの人気駅
1位恵比寿
2位三軒茶屋
3位中目黒
4位池袋
5位武蔵小杉
6位吉祥寺
7位川崎
8位麻布十番
9位津田沼
10位自由が丘
この記事をシェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Bookmark お気に入りに追加 記事検索
Google
Copyright (C)2014 気になるアパート経営★どのくらい利益が出るの?.All rights reserved.